【パナソニック】電動自転車バッテリー リコール346,291本

パナソニックバッテリー3度目のリコール

2020年4月21日にパナソニックより電動自転車バッテリーのリコールが発表されました。

今回は2015年7月27日および2016年9月26日に発表したリコールの範囲をより拡大したものとなっています。

2012年10月から2014年12月に製造した電動アシスト自転車用および交換用バッテリーから発火する可能性があるそうです。

パナソニックは事故防止を目的にバッテリーの無料交換を実施します。

リコール対象バッテリーは電動アシスト自転車に搭載したものと、交換用に販売されたものがあります。

対象数は346,291本。

対象バッテリーをお持ちの方は

対象バッテリーは充電をせずに周りに可燃物を置かないようにしてください。

https://panasonic.co.jp/ls/pct/info/eb3/

そして、上記のリンクからネット・LINE・電話の方法で連絡する事が可能です。

やむを得ず使用する場合は、交換までの間充電をしないようにしてください。

対象バッテリーの確認方法

バッテリーの横に品番とロット記号が記載されたシールが貼ってありますので、この2つを確認してください。

対象となる品番とロット記号

バッテリー品番
NKY□□□B02
449 450 451 452 454 486 487 488
490 491 493 494 495 496 497 498
510 511 512 513 514
ロット記号
(全11桁の左から1桁目)
    Q     R     S
バッテリー品番の最後に B が付いているものは対象外です。
例) NKY〇〇〇B02B 等
 (※最後にBが付いているものは、リコール後に生産した識別です。)

電動自転車本体の型番から、バッテリーがリコール対象かどうか?は判断できないので、バッテリーの品番・ロット記号でご確認ください。

イーチャリティ在庫からも多数発見

このリコールが出た日に、イーチャリティの店頭在庫からも複数の対象バッテリーが見つかりました。

今回は本数が多いので、対象者はかなり多くなります。

パナソニックの電動自転車に乗っている方は、必ず一度チェックしてみてください。

動画で見たい方はこちら